PS4コントローラー

Sponcored Links

-MENU-

ps4価格 dualshock4(PS4コントローラー) ps4機能
ps4スペック ps4画像 ps4動画
ps4予約 ps4発売日

PS4コントローラーdualshock4(デュアルショック4)機能情報

【MENU】
1、PS3コントローラーデザイン変更点
2、PS3コントローラーボタン変更+新機能
3、PS4コントローラー価格
4、PS4カラーバリエーション

 

⇒ PS4コントローラーが安いのはこちら!

 

DUALSHOCK4(PS4コントローラー)

DUALSHOCK3(PS3コントローラー)

 

 

 

 

ボタンの大きさなどを同じぐらいにした時、
二つのコントローラーの大きさの違いはこの程度になるんではないかと考えられます。

 

PS4コントローラーのデザイン変更点

グリップの長さ


より持ちやすく、より手になじみやすい形となったという解釈で良いだろう。

 

○×□△ボタンと十字キーのベースデザイン


今まで、凹凸があった配置部分ですが、DUALSHOCK4では平らとなっている。
得られる恩恵は触っていないので何とも言えないが、
押し損じなどがなくなる、指移動がよりスマートになどが予想される。

 

スティックデザイン


PS4コントローラーではスティックに凹凸がつけられらた。
これが滑り止めとなる、もしくは指が引っ掛かりやすくなる。
その結果指の中央位置への復帰がより簡単になるなどの恩恵が予想できる。

 

LR2ボタンデザイン


LR2をより尖がった形状にしている。
そして若干であるが、上に反っているのがわかるだろうか?

このようにトリガーのような形状にすることによって、人の指にフィットするようになった。
その結果、LR2ボタンを押すのがより容易になったのは想像に難くない。
そして床に置いた時に、LR2ボタンが押されてしまうというトラブルも回避している。

 

PS3のコントローラーは上に反らず、丸くなっている。

 

 

PS4コントローラーのボタン変更+追加機能

START&SELECTボタンの統合


次で紹介するSHAREボタンが追加されたことで、PSからPS3までずっと分かれていた
STARTボタンとSELECTボタンが統合された。
PS4コントローラーが初ということになります。
他社のゲームも含め、あらゆるゲームハードで別々に用意されていたボタンを統合することは
ある意味で、かなり挑戦的であるようにも取れる。

 

SHAREボタン追加

 

 

このPS4の動画を1度見た方がわかりやすいかもしれません。
4分以内で見れるので時間があるなら見てみるのもいいかもしれません。

 

 

スピーカー&ヘッドフォン端子


 

DUALSHOCK4ではスピーカーとヘッドフォン端子が追加されました!
スピーカーはマイクとしても使用可能です。
つまり、ヘッドフォン端子にイヤホンをつけてスピーカーをマイクとして利用する
というようなことが可能になったということです。

 

もちろん、スピーカーですので、ゲーム中にここから音が鳴るということもあります。
ホラーゲームなどが最近増えてきていますが、
手元から音が鳴るということもあるでしょう。

 

 

タッチパッド

 

新しく増えたタッチパッド。
マルチタッチに対応しているタッチパッドになります。
マルチタッチというのは、指を二本使った操作方法。
スマートフォンを利用している方ならわかるかと思いますが、
画面をズームアップするときなどに使ったりするものです。

 

ライトバー

 

そして最後の変更点がこのLEDライトバー。
DUALSHOCK3でいう、コントローラーの割り当てライトの代わりに装着されたもの。
あらゆるカラーを表現できるLEDライトになっており、1P〜4Pまで以下のように変化していく。

 

@1P、2Pなどで色が変化
1P:青■■■■
2P:赤■■■■
3P:緑■■■■
4P:桃■■■■

 

Aプレイヤ―の位置を感知してゲームキャラクターがプレイヤーの方に向く
と言うようなことも考えられているようですよ。

 

B気になる電池の持ち
LEDライトバーなんてつけて電池の持ち大丈夫かよ。
と思われるかもしれませんが、電池の消費電力的には、
DUALSHOCK3よりも低いそうです。それほどLEDというのがすごいということですね。

 

ちなみに、電池の寿命は1日12時間ぐらいのハードゲーマーで6年。
そのため、電池の寿命よりも、接触不良などによる故障で
新しく購入するということがほとんどかと思います。

 

 

 

まとめ【PS4コントローラーの変更点を見て】

こうやって、ずらーっと変更点を全部ひとつずつ見てみるとそんなに悪くない気がしませんか?
最初画像を見たときはおやおやっと思いましたけどね。。。

 

ですが、ここまで結構色んな機能が足されると心配になるのが
PS4コントローラー自体の価格ですよね。
特にタッチパッドなんてお金かかりそうでなりません。
DUALSHOCK2が定価3000円
DUALSHOCK3が定価5500円
DUALSHOCK4は・・・

 

7000円とか言ったら笑えないですよね^^;
6000円ぐらいで収まってくれるとうれしいのですが。

 

Sponcored Links

ps4コントローラーのカラーバリエーション

実はps4コントローラーのカラーバリエーションもいくつか

 

ps4発売日と同時に発売されることが発表されています。

 

カラーリングはこの2つ。

 











 

なかなかかっこいい。

 

ウェイブブルーとマグマレッドだそうです。

 

私はブルーが好みです。

 

⇒ PS4コントローラーが安いのはこちら!

 

 

Sponcored Links

-MENU-

ps4価格 dualshock4(PS4コントローラー) ps4機能
ps4スペック ps4画像 ps4動画

PS4本体画像 PS4スペック PS4機能 PS4本体価格 PS4コントローラー PS4動画&最新情報 PS4予約情報 PS4発売日