PS4本体機能

Sponcored Links

-MENU-

ps4価格 dualshock4(PS4コントローラー) ps4機能
ps4スペック ps4画像 ps4動画
ps4予約 ps4発売日

PS4本体機能解説

先にこのPS4の機能に関する動画を見ると
下の説明がかなりわかりやすくなるかと思います。【 長さ:3分49秒 】

 

 

SHARE機能

PS4で初めて追加された機能です。
このようにコントローラーにはSHAREボタンも追加されています。
(右側はOPTIONボタン=START&SELECT)

 

 

プレイ動画、画像のSNSや動画サイトでの共有

ゲーム内容は常時録画されていて、SHAREボタンを使用すると
直前の数分間の動画や画像を切り出しFacebookなどのSNSに共有が可能。

 

他にも、プレイ中の動画をそのまま配信するということも可能。
この機能はPS4本体に内蔵されている機能であるため、
ややこしいコード入力などの手間は一切必要なく、スムーズに使用できる。

 

著作権が気になる方も多いと思いますが、
ゲーム会社側でゲーム動画のネタバレらの制限設定は行われるので心配はいらないだろう。

 

 

フレンド間でのゲームプレイ中継

フレンドのプレイ中継を見ることが出来る。他人のプレイ動画見れても、
画面が占領されて自分がプレイできないのでは意味が無いのでは?と思われるかもしれませんが、
セカンドスクリーン機能がその心配を排除。

 

セカンドスクリーン機能(下で詳しく説明)と言うのは、
簡単に言えばPS VITAやスマートフォンをPS4本体をネット上に接続して
第2画面として使用できるというもの。

 

SCEの吉田修平氏のインタビューによると、
視聴者は見るだけではなくて、SHAREボタンを駆使することで、
プレイ中の人に介入できるようなアクションが用意されているということだそうです。

 

 

SNSとの連携で実名化も

実名を積極的に利用できるようになるのだそうだ。
ON/OFF切り替えることが出来るため、実名を使うのがいやであるという方も心配はいらない。

 

 

Sponcored Links

セカンドスクリーン機能

PS4と他の機器を接続することで、その機器を第2画面として使用できる。

 

その機器とは
PS VITA , iPhone , iPad , Android Smart Phone , Android Tabret

 

 

上記の機器に、専用ソフトをインストールして使用する。
ネット上での接続になるので、コードなどで不自由な思いをすることは無いだろう。

 

 

使用用途は

  • シェア機能を使って、他者のプレイ画面を観覧
  • プレイ時に、テレビ画面に収めることが出来ない情報を手元に表示 etc.

こういったことが挙げられる。

 

特にPS VITAに関しては、画面出力をするためだけではなく
システムレベルでの関連が考えられているそうですよ。

 

 

リモートプレイ機能

PS3同様に、PS VITAで本体をコントロールすることが出来る機能です。
つまり、『PS4ソフトをPS VITAでプレイが出来る!』というものです。
もちろん、ローカルネットワークだけでなく外出先での本気遠隔操作も可能となっている。

 

PS3と大きく違うのは、
「ほぼすべてのPS4専用ソフトをリモートプレイできる」
ということですね。

 

PS3は、ソフトごとにリモートプレイ対応の特別実装をしなければなりませんでしたが、
PS4は、その必要がなくなりました。リモートプレイが非常に簡単になったということ。

 

 

LR23ボタンはPS VITAのタッチパッド機能で代用している模様です。

Sponcored Links

-MENU-

ps4価格 dualshock4(PS4コントローラー) ps4機能
ps4スペック ps4画像 ps4動画

PS4本体画像 PS4スペック PS4機能 PS4本体価格 PS4コントローラー PS4動画&最新情報 PS4予約情報 PS4発売日